物件を買う流れの最後・新築戸建の決済ってどこでなにをやるの?

YouTube大工不動産チャンネルはこちら

 

新築戸建仲介手数料無料大工不動産平野
平野

大工不動産の平野です

 

 

今回のテーマが、新築戸建の決済ってどこでなにをやるの?という内容でお送りしていきます。  

 

物件を探して住むまでのお手続きとなりますので、新築戸建て買うご予定の方はぜひ見ておいてください。    

 

 

▼動画でも解説しております

 

 

新築戸建を買うときの手続きの流れ

 

物件を見学するところから始まり、お引渡しまでいろいろなお手続きがあります。  

 

物件見学

申し込み

物件契約

住宅ローン事前審査(物件契約の前の場合も)

住宅ローン本審査

物件立会い

ローン契約

決済  

 

このような流れになるのですが、決済っていうのは引き渡しのことです。カギをもらう日のことですね。  

 

引渡し日のことを決済日、といいます。分かりづらいので普段お客様には私は「お引渡し」とお話しをしています。

 

 

決済の(引き渡し)の流れ・場所と手続き方法

 

なぜ決済というかは、お金を振り込むからですね。  

 

引渡し日は物件ではなくて銀行でお手続きします。  

 

銀行で売主さん、司法書士の先生、弊社大工不動産のような仲介不動産会社とお客様で集まってお手続きになります。    

 

 

まず司法書士から登記の説明

 

まず登記手続きを担当する司法書士さんからご説明があります。  

 

こちらの不動産でお間違いないですね?委任状ご署名ください、という感じ。実印でご捺印いただきます。  

 

次に振込みをするので銀行の振込用紙を書きます。これは何枚も書くので事前に先に書いておくと当日スムーズですね。  

 

用紙は銀行にあるものを使いまして、通常不動産屋さんが準備してくれます。  

 

まず、住宅ローンで借りる金額がお客様の通帳に数千万円とドーンと入ります。

 

その後、通帳から引き出す用紙と振り込む用紙を書いて銀行印を押して、通帳と一緒に銀行窓口へ出します。  

 

その後売主さんからも建物や保証などのご説明があります。カギも受け取ります。  

 

振込みの時間が長くかかるので、ご説明がすべて終わりましたら待ちになります。  

 

銀行さんの方で振込みが終わりましたら振込み用紙の控えと通帳を返してもらって、お引渡し、決済は終了となります。

 

その日からお客様の家になります。おめでとうございます。   このような感じで引渡しは完了になります。  

 

その日から物件はお客様のものですので、お荷物を運んだりご自由にしていただいて大丈夫です。

 

 

引き渡し後に必要なお手続きは?忘れずに!

引渡しまでの間にいろいろやることがたくさんあるので、お仕事の合間で平日お休みを取らなければいけない場合もありますし、お引越しが終わって片付けが終わるまで大変だと思います。  

 

引き渡し後にも他にやることがあります。今現在でしたら該当していればすまい給付金、あと来年に住宅ローンの確定申告ですね。  

 

引渡し後のお手続きとなりますので、忘れないように、不動産会社さんともまだまだ連絡を密にしていただいて、引き続きお手続きしてください。  

 

今回は引渡し日のことについてでした。

 

 

新築戸建仲介手数料無料大工不動産平野
平野

ご参考にしていただければ幸いです 平野でした

 

 

     

\手数料無料サービスの詳細はこちら/新築戸建を買うときの仲介手数料無料・ローン代行料が無料で安く買える